2019年8月のバレットジャーナルを振り返る

8月はわりと忙しかった(当社比)希屋の浦です。

ついに6冊に

6冊目のロイヒトトゥルム1917になりました。
ポケットサイズなので場所はそこまで取らないのですが、これからどんどん増えてくんだな、と思うと楽しみです。

56ページ使いました。
これが他の方と比較して多いんだか少ないんだかはちょっと見当がつきませんが、さて。

そういえば日記ページが8月はなかった、と今気づきました。
書くことはあったんですが。うまくことばにならなかったんです。

スランプ?

バレットジャーナルのページ見ても明らかなんですが、短歌が思いつかなくてですね。
とても困りました。

ムードジャーナル

色鉛筆で塗るの、意外と嫌いだったと気づいた今日この頃。
見た目はとても綺麗なムードジャーナル、気分に応じて異なる色でマス目を塗り分けるものですが、わたしにはあまり向かなかったようです。
マス目ひとつを来月も続けますが、9月分もあまり気が乗らなかったら、ムードジャーナル自体を廃止しようかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました