mixhostのエラーページの作り方

インフルエンザにはなかなか罹患しませんが、風邪が流行れば取り敢えず流行に乗っかってしまう体質らしい希屋の浦です。

404.shtmlって何?

mixhost のcPanelから、エラーログを見ていて気づきました。
エラーの時、.shtmlというファイルが呼ばれてるんです。
その中に、404.shtmlというファイルがありました。

どうもエラーの時、mixhostでは.shtmlというファイルを呼び出してるみたいです。

オリジナルの404ページの編集のしかた

となると、こういう思いが頭をもたげました。

「エラーページはオリジナルのもの置けないのかな?」

よくあるのが、「404.html」というファイルを自分で作ってサーバーに設置しておくと、404エラーの際そのページが表示される、というもの。
ですが、編集ページを偶然発見しました。

cPanel → 「詳細」の項 → 「エラーページ」

その後、管理したいドメインを選んで、編集したいページの名前のリンクをクリックすると、編集画面が開きます。
レガシータイプのhtmlの編集画面でした。
あとはhtmlファイルを書くのと同じ要領ですね。

ユーザーをがっかりさせないために

できたら404ページくらいは、オリジナルのものにしておきたいですね。
わたしはまずどんな表示にするかから考えたいと思います……。

タイトルとURLをコピーしました