2020年はこの手帳体制でいきます

2019年は明日までですね。
10年代が終わってしまう、と考えると感慨深い希屋の浦です。

2020年の手帳はこれだ

以前、2019年と2020年は体制が変わらないでしょう……と書きました。

が、その間にバレットジャーナルやめますなど、変える方向にシフトしてきました。

来年の手帳(母艦)はこれになりました。

……ご覧のとおりほぼ日手帳です。

1冊でなんとかなるわけがなかった

母艦はほぼ日手帳に戻すことにしましたが、他に使っているノートを。

ロディアNo.16

短歌など考えながらメモする、下書きノート。
推敲もこのノートでおこないます。
A5サイズを横に使い、右側も左側も文字で埋めます。

B5方眼ノート

当初は週報を書いていたのですが、週報書くよりマインドマップ書いたりプロット書いたりするノートになりつつあります。
ロディアNo.16と異なる点は、下書きよりは本書きに近いかんじで、きちんと装飾してあるページが多いこと。

生活のログをどうするのか問題

直面している問題です。
バレットジャーナルをそっくりそのままほぼ日手帳に移すことができるかどうか。

月詠の清書一歩手前とかどうしよう。と考えていますが、MDノートあたりに書いて……いくのか……?

来年もよろしくお願いします

手帳模索の旅はつづく……。

タイトルとURLをコピーしました