塔2020年2月号を読む

また別の機会に書きますが、ペンネーム(誌上名)をそのうち変更します。

塔2020年2月号より

住んだのはあそこと指さす一〇二三号室に明かりの灯る
(いわこし)

踝にストラップある赤い靴はいて出かける君に会う日は
(谷口美生)

(言葉にするのを諦めて)(歌にするのも諦めた)(ただ街をゆく)
(宮本背水)

ごめんなさい今月駆け足でした

もう少し丁寧に読みたいものです。

タイトルとURLをコピーしました